リサイクル法により費用がかかる物はなに?

>

海路を守って

脱プラスティック

海洋汚染を考えて、使い捨てプラスティックから新しい自然由来等の素材への脱却の意識が高まっています。
大手コーヒーチェーン店のストロー撤廃による、ストローを使わなくてもいい蓋のアイデアや、ファミリーレストランチェーン店も追従したり、急速にプラスティック素材の食品包装や容器利用を止めて、代わりの物や環境にやさしいものに変えていく方向です。
新しい素材の需要が拡大傾向で、素材の開発が進んでいます。
アジア圏の諸国も、水道水までマイクロプラスティックの汚染が進んだところもあって、危機感が大きいそうです。
不法投棄による、川や海に流れたプラスティック。
微小なプラスティック粒子に付着した有害物質が、海魚を通じて人間に影響することが心配されています。

新素材に期待

プラスティックのゴミが海洋汚染し、生態系も漁業にも悪影響を与え続けています。
経済損失も大きく、国連も深刻です。
外国大手の生活ケア製品の会社や化粧品会社、食品会社なども、100パーセント再生素材の容器に変える取り組みを始めていて、期限を決めてすべて、製品のプラスティック容器を再生して再利用するか堆肥化できる素材にすることを、発表しています。
開発競争も激化して、企業が新たなビジネス拡大のチャンスになるとの見解もあります。
日本企業の開発した新素材も優秀で、石灰石を利用のレジ袋やごみ袋を開発し、素材のコスト面も期待できるそうです。
再生紙も新しい紙とかわらない値段や品質に変わっているそうで、技術開発によって、すぐには無理でも、レジ袋なども製品の品質そのものすべてが変わる日が来るかもしれません。