リサイクル法により費用がかかる物はなに?

>

義務を課されている

リサイクル法について

家庭用のエアコンと、ブラウン管テレビや液晶テレビで電源が一次電池や蓄電池を使用しないものに限って建築物組み込みができるように設計したもの等を除くものやプラズマテレビ、電気の冷蔵庫や冷凍庫など、電気洗濯機や衣類乾燥機が、リサイクル法対象の家電製品になります。
これらの家電4品目は、小売業者からの引取りや製造業者等による再商品化等での、リサイクルが義務付けられています。
消費者本人が支払う、収集運搬の料金とリサイクルの料金は、家電4品目を廃棄する際の役割分担として定められています。
製造業者などは、引き取った廃棄物の家電4品目のリサイクルを行う場合のリサイクル率の達成や、家電製品に含まれているフロンの回収を必ずしなければいけません。

オゾン層の心配

環境対策への危機感もハンパありません。
オゾン層が、フロンガスにより破壊されたことで太陽光線の中の有害な紫外線B波の影響が心配されています。
ビタミンD欠乏等で骨がもろくなる症状をくる病と言いますが、カルシウム等のミネラルの代謝や骨の代謝に関係します。
ビタミンD不足で子供はくる病に罹患し易いことから、母子健康手帳等にも、外気浴や日光浴をしていますか等の文がありましたが、日光浴という言葉を削除されました。
幼少から受け続ける紫外線からの皮膚への害として皮膚ガンの発生の恐れがあるとのオーストラリアでの調査等をふまえての改訂でした。
それ以降からの関東の子供の血液検査結果などからの調査でビタミンD不足がわかり、母乳育児の拡大などもあって、子供のくる病の増加が取り上げられていました。
ビタミンDは魚介類等に含まれ、皮膚で吸収する紫外線から体内合成ができ、サプリメントでも摂取できます。