リサイクル法により費用がかかる物はなに?

>

消極的でエコ

模様替えの一連の作業

ソファーなどの家具を動かして掃除に勤しむことも日課。
それならば部屋の模様替えも一人でもできるかもしれません。
だいたいの模様替えプランを立てたら、できるところから動かす順番も合理的に考えて、立体のパズルのようです。
そうしていると、スチールラック等が余ってきたり、子供の成長にともなって倉庫行きのおもちゃや道具も出てきて、自宅内で住み替えプランのようになってしまうかも。
一人で考えて実行していれば、気楽にティータイムも挟んで一気に終わって、夕食の準備に間に合うかもしれません。
ローチェストも、引っ越し屋さんの要領で底にシート状に何か挟んだりして滑らせば、部屋の中から廊下までの少しぐらいは簡単に動きます。
手際よく片付けると、大掃除もできて得した気分です。

二度手間にならないように

倉庫やクローゼットの片付けも、余ったボックスなどを利用すると便利です。
形や色を合わせるだけで、機能的に片付けられます。
余ったボックスを集合させたりして、スチールラックに並べるボックスの高さ等が統一されているだけで、見た目も綺麗で手早く分類もできて、探し物をする時間の短縮になります。
ボックスの中身は、それぞれ用途を限定して、子供の小物や道具類、自分の裁縫箱としてはさみや針山など、ボックスの中はとりあえず入れておく程度にして放り込む要領で、大雑把な分類にしておけば、使う際に綺麗に片付いていきます。
何となく自分の工房のようでもあって、嬉しく気分のいい倉庫やクローゼットになります。
昔のオフィスの収納の仕方を参考にすれば、収納家具メーカーのアイデアと、引き出しはきちんと閉める等の躾が理解できて納得できます。